後戻りすることもあるんです

今まで順調におしっこを知らせてくれてたのに、突然またおもらしが始まることがあります。

これにはいくつか原因は考えられるのですが、お母さんが下の子を妊娠したり、夫婦の関係がうまくいってなくて、お母さんに心の余裕が無い時などが多いようです。

そんな時は「せっかく順調だったのに・・・」と落ち込んでしまったり、子どもを叱ってしまったりするかもしれません。

でも、落ち込んだりあせったりしないでください。後戻りの場合、

"自分のことを忘れないでほしい"

という子どもからのサインであることが多いですから。
そういう場合(と思われる場合)、そのサインを受け止めてしっかりとお子さんに構ってあげてください。
ただ、妊娠中や出産後だったりしたら、ただでさえお母さんは大変です。あれもこれもお母さんがこなさなくてはいけない状況に追い込まれていたとき、上の子に赤ちゃん返りをされてしまうと、ストレスがたまってしまい、普段抑えていた感情が爆発してしまうこともあるでしょう。

「もう、我慢の限界・・・」

もし、そう感じるようであれば、無理することはありません。
一旦、おむつに戻してしまえば良いのです。

お母さんの精神状況は小さなお子さんにダイレクトに影響を及ぼしますから、お母さんがストレスでギスギスしてしまうような環境であれば、とりあえずはそのストレスの元となる要素を一つ二つ取り除いてみるのも一つの方法なんです。

そして、落ち着いた頃にまたパンツにしておむつはずしに挑戦してもいいのではないでしょうか。

後戻りしても何の問題もないのです。それどころか、下の子が生まれて赤ちゃん返りしてしまい、結局下の子と一緒にトイレトレーニングをした、というお母さんは案外たくさんいらっしゃいますよ。



Copyright © 2008〜 おむつはずしてパンツデビュー!. All rights reserved