早い方がいいの?

子どもを持つ親が「おむつはずし」をあせってしまうのは、身近に「早く取れた子」がいる場合が多いようです。

「1歳に始めて1歳半にとれた」

と聞くと「うちはもう2歳なのにまだとれない」とあせり、

「2歳過ぎにはとれた」

と聞くと「うちの子は3歳なのにまだはずれない」と悩む。

確かに早くおむつがはずれる子はいますが、それはその子の発達がたまたま早いほうだっただけで、早く始めたからではありません。

これは非常に大事なポイントです。

『早く始める=早く取れる』

ではないのです。1歳にはじめても結局はずれたのは3歳過ぎてから、あるいは4歳近くになってからとか言う話はよく聞きます。

この場合は、別の言い方をすれば、子どもの発達を見極められなかった為に2年も3年もおむつはずしに費やしてしまったともいえるのです。
親もそうでしょうが、子どものストレスは大変なものだと思います。

逆に子どもの発達をちゃんと見極めてあせったりしなければ、3歳で始めて3日で終わったという人もいるくらいなんです。

何事も準備期間が必要です。

子どものおむつはずしも、ちゃんとその子の脳が準備できてからでないと、無駄に時間を費やしてしまうのです。



Copyright © 2008〜 おむつはずしてパンツデビュー!. All rights reserved