おむつはずしは根競べではありません。

子どもがトイレやおまるで集中して座っていられるのは、せいぜい2〜3分です。
それ以上は子どもにとって苦痛でしかありません(これはトイレに限ったことではありませんが・・・)。
しばらく座らせて出ないようだったら、
「出なかったね。又今度がんばろうね」

と降ろしてあげてください。

たまに降ろした途端に出てしまうことがありますが(涙)、これは緊張がとけたせいなので、怒ったり叱ったりしないで下さいね。これは大事なことです。


【某保育士さんの話】
大型連休前に、あるお母さんから「休み中におむつはずしをします!」と聞いていて楽しみにしていたのですが、休みが明けてその子(2歳)が登園してきたら、教室にあるおまると見たとたんに泣き始めてしまったことがあります。
休み前にはそんなことは一切なかったのでお母さんに確認してみると、休みの間、トイレトレーニングだからと、おしっこが出るまでおまるに座らせ続けていたそうです。泣いても座らせ続けるという強引な方法を取った結果、その子はおまるに対して恐怖感を持ってしまい、泣いてしまったんですね。結局、その子はおむつはずしも他の子よりもかなり後になってしまいました。
親のペースを子供に押し付けるのは、逆効果となるケースが少なくありませんし、場合によってはこうした強引な方法で体調を崩してしまう子供もいます。子供のペースに合わせるということを何よりも尊重してあげてください。



Copyright © 2008〜 おむつはずしてパンツデビュー!. All rights reserved