「おしっこ」メカニズム

口から水分を摂ると、それは腎臓でろ過されて「おしっこ」になり、いったん膀胱に溜められます。

大人はしばらくの間意識して、溜めておくことができますが、赤ちゃんは大脳皮質が未発達なので尿意を感じることが無く、膀胱自体も小さくて未発達なので溜めておくことができず、おしっこがたまると反射的に出してしまいます。

身体が成長して、膀胱もおしっこをある程度溜められるようになると、それは脳に伝えられ、尿意を感じることができるようになり、今度は逆にそれが大脳に伝わって、おしっこを我慢したり排尿したりできるようにもなります。

ですから、おむつはずしはその発達が十分でないといくらお母さんが必死になっても徒労に終わってしまいます。

おもらしだって反射的にやってしまうのですから叱ったり、怒鳴ったりしても、どうにもなりません。子どもを怯えさせたり、親子関係がギクシャクしたり、お母さん自身のイライラがひどくなったりするだけです。

おしっこやウンチのメカニズムを理解して、あせらずにいきましょう。




Copyright © 2008〜 おむつはずしてパンツデビュー!. All rights reserved