おねしょ対策

5歳くらいには、放っておいてもおねしょをしなくなるとはわかっていても、その間頻繁におねしょした布団を処理するのは、お母さんにとって大変なことです。

自我が芽生えてきた子になると紙オムツやおねしょパンツを嫌がる子もいて「どうしよう」と頭を悩ませているお母さんも多いと思います。

そんなとき、次の2点を試してみてください。

1.子どもが眠ってから、パンツからおねしょパンツに履き替えさせる
子どもが起きてしまいうまくいかない場合はパンツの上から履かせてもOKです。嫌がらない子だったら、ちゃんと理由を説明して履きかえさせることも可能でしょう。

2.防水シートを敷く
これは子ども専用のものもありますが、量や回数が多い場合はそれさえも通してしまうので、介護用に使用される大人用のものが入手可能ならば効果があります。お金をかけたくないなら、ビニールシートやゴミ袋などを利用するのも手です。(ただ、音がガサガサと気になるかもしれません・・・)

いずれにしても、早い、遅いの差はあっても、おねしょはそのうちしなくなります。大事なのはお母さんの心構えがきちんとできているかどうか、ということだったりするのです。



Copyright © 2008〜 おむつはずしてパンツデビュー!. All rights reserved