落ち込まないで

母親だって人間です。子どものお漏らしを叱ってはいけないと頭ではわかっていても、一日に何回もジャーッっとされたのでは我慢していたものが一気に噴出して怒鳴りちらしてしまうこともあるでしょう。
怒ってしまったなら子どもに謝りましょう。そして、あまりにイライラしたり怒る回数が多いなら、思い切っておむつはずしを中止してください。
ぎすぎすした親子関係でトイレトレーニングがうまくいくとは考えられないからです。
親子でストレスが溜まり、思わぬところで弊害が出てきてしまうこともあるようですよ。

子どもの成長の一過程であるおむつはずしを、そんなに負担に感じてしまっているのなら、本末転倒といわざるをえません。

しばらく待って、子どもの成長が進んでから、また始めればいいのです。

「あわてなくてもいつかははずれる」くらいに思えるようになればとても楽になれるのですが、それはそれでお母さんの性格だったり、周囲の環境がありますからなかなか難しいかもしれません。
ついイライラして叱ってしまっても、落ち込まないでくださいね。
みんなそうやって試行錯誤して子育てをしてますから。



Copyright © 2008〜 おむつはずしてパンツデビュー!. All rights reserved