誘うタイミングをずらしてみる

お母さんが誘ってトイレに入ったときはほとんどちゃんと出るのに、なぜかなかなか「おしっこ」と知らせるようになってくれない場合があります。

子どもが「おしっこ」と言えるようになるにはおしっこが「溜まった」感覚と「出してすっきりした」感覚とを同時に経験して、その違いが解る様にならなくてはいけません。

ただ、感じたとしても、それを言葉に出すと言うのはなかなか難しいので、お母さんに知らせるようになるには時間がかかる場合もあります。

また、お母さんが誘うタイミングが絶妙なため、おしっこを溜める感じがつかめていなかったり、掴めていても言う必要を感じていなかったりすることも多いようです。

そうかもしれないと思うようなら、誘うタイミングや時間を少しずらしてみてください。

そのことによって十中八九お漏らしをしてしまうでしょうが、大事なのは

「おもらしを体験して気持ち悪さを知る」

ことにありますので、それを知れば「我慢」や「トイレに行く」を徐々に教えてくれるようになります。



Copyright © 2008〜 おむつはずしてパンツデビュー!. All rights reserved